バイナリーオプション口座

Bi-Winningにデモ口座が登場!使い方や便利機能を紹介!

bi-winningのデモ口座を解説

Bi-Winningにデモ口座がなかったのですが、最近デモ口座が開設されました。

デモ口座がなかった時点では、事前に操作性や使い心地を確認することができませんでしたが、現在は登録前にお試しをすることができます。

Bi-Winningのデモ口座は利用登録不要で無料で利用できます!

今回はデモ口座の始め方からデモトレードのやり方、機能の紹介まで詳しく解説します。

【補足】

bi-winningの他にも無料でデモ口座を提供している業者はいくつかあります。気になる方は「デモトレードができるバイナリーオプション口座まとめ【全6社】」を参考にしてみてください。

Bi-Winningデモ口座の概要

取り扱い銘柄 ・通貨ペア:23種類
・株式:34種類
・CFD:4種類
・指数:6種類
・仮想通貨:21種類
ペイアウト率 1.80倍~1.88倍
最小取引額 500円
最大取引額 200,000円

Bi-Winningのデモ口座ではリアルトレードと条件は同じ環境が用意されています。

デモ口座を開設すると、自動的に架空の資金10万円が使えるようになります。この10万円を使い切ってしまっても何度でも復活させることができるので、納得いくまでデモ口座で練習することができますよ。

 

Bi-Winningのデモ口座の見つけ方

実はBi-Winningの公式サイトにはデモ口座の案内はなく、画面右上の端っこの方に目立たない状態でクイックデモと書かれています。

bi-winningのデモ取引の始め方1

デモ取引をする際には、このクイックデモをクリックします。

すると別のページが開き、クイックデモ開始のオレンジ色のボタンが出てくるので、これをクリックすればデモ画面を開くことができます。

bi-winningのデモ取引の始め方2

これで取引が体験できるようになります。

先ほどお話ししたように、クイックデモではリアルトレードと同じ環境で取引を体験できます。ボタンの位置や操作性を実際に確認してみましょう。

デモが使えない時の対処法

先にBi-Winningで口座開設をしていた場合、手順通りにクイックデモにアクセスしたのに、残高が0円と表示されていて使えないことが時々あるようです。

この原因はクイックデモではなくリアルトレードの画面を開いているという状態にあります。

サポートの説明では、まだデモとリアルの切り替えが機能していないそうで、クイックデモを利用する際には、いったんログアウトする必要があるそうです。

デモが使えない状態になっていたら、リアルトレードの画面になっていないか、残高が10万円と表示されているかを確認しましょう。

Bi-Winningデモ口座の使い方

続いて、実際にクイックデモを使ってみましょう。

使い方に関しては、解説動画をBi-Winningも提供していますが、すべて英語での解説なので、語学力が必要です。

ということで、ここでは、日本語で分かりやすく説明します。

Bi-Winningのクイックデモのスペック

先に、Bi-Winningで実際に使える通貨ペアや取引方法などについてまとめておきます。

白川
白川
今すぐクイックデモを使いたいという方はこちらで詳しく解説していますよ!
選択できる通貨ペア・銘柄
通貨ペア ・EUR/USD・USD/JPY・GBP/USD・USD/CAD・USD/CHF・AUD/USD
・NZD/USD・AUD/CAD・AUD/CHF・AUD/JPY・CAD/CHF・CAD/JPY
・CHF/JPY・EUR/AUD・EUR/CAD・EUR/CHF・GBP/AUD・GBP/CAD
・GBP/CHF・EUR/JPY・EUR/GBP・GBP/JPY
株式 ・Apple・Google・HSBC・IBM・Amazon・Ebay・Twitter・Facebook・Microsoft
・アリババ・購入済金額・Sanofi Aventis・BNP Paribas・SAP
・Siemens・BBVA・Renault・BMW・Volkswagen Vz・テスラ
・Netflix・コカコーラ・マクドナルド・Exxon Mobil Corp
・ウォルトディズニー・Citigroup・ゴールドマンサックス・intel
・Boeing Co・VISA・adidas・Allianz・Michelin
CFD ・金・銀・天然ガス先物・原油先物
指数 ・ダウジョーンズ先物・S&P500先物・DAX30先物・NASDAQ100先物・IBEX35先物
仮想通貨 ・Bitcoin・Ethereum・Litecoin・Ripple・EOS・Cardano・Aave・Bitcoin Cash
・Bitcoin SV・Polka Dot・Link・Theta・Tron・Uniswap・VeChain・Namecoin・Stellar
・Monero・Tezos・Dogecoin

取り扱っている銘柄は種類が豊富で、王道の通貨ペアからボラティリティが高い仮想通貨まであります。

株式はアップルやグーグルをはじめ、AmazonやTwitter・ディズニーなど有名どころがそろっていますね。

仮想通貨については、21種類と業界トップレベルの豊富さです。仮想通貨は土日でも取引できるので、平日の日中に仕事がある人にもありがたいですね。

選択できる取引方法
ショート 1分・2分・3分・4分・5分
ロング 10分・15分・20分・25分・30分・45分・60分・14時間・21時間

ショートは短期取引、ロングは長期取引のことです。

各通貨ペアや銘柄によって選べる取引時間は異なり、統一されていません。取引時間を知りたい場合は、それぞれの通貨ペア・銘柄をクリックして対応の取引時間を確認しましょう。ちなみに、通貨ペアは基本的に14時間までとなっています。

それでは、クイックデモで取引する際の流れを見てきましょう。

通貨ペア・銘柄を選択

まずは通貨ペア・銘柄を選択します。画面上部に取引できる通貨ペア・銘柄が表示されていますので、クリックして選択しましょう。

bi-winningデモ取引のやり方1

左側に全てのアセットと書かれているのが目印です。そのあとに横一列に並んでいるので、通貨ペア・銘柄をスライドさせて取引したいものを探してください。

なお、取引時間外になっている通貨ペア・銘柄は、表示が薄くなっていて選択できません。

取引をしたい通貨ペアまたは銘柄をクリックしたら、チャートが選択した通貨ペア・銘柄のものに切り替わります。

取引時間を選択する

次に取引時間を選択します。

目的の銘柄をクリックすると次の取引可能時間が表示されます。

画面右側のエントリー画面の一番上に、ショート・ロングの表示があります。そこで取引時間を設定します。

bi-winningデモ取引のやり方2

ショート・ロングをクリックすると、すぐ下に選択できる取引時間が自動的に切り替わって表示されるので、表示された時間から選択してください。

表示されている残り時間は、エントリー可能時間の残り時間です。

例えば、1分取引の場合は30秒前までエントリーできますので、ギリギリまで相場を読んで取引してもいいですね。

掛け金を設定

続いて、掛け金の設定です。

掛け金の設定は、取引時間を選択する部分の下に表示されている投資額入力欄に自分が希望する金額を入力するだけです。

bi-winningデモ取引のやり方3

Bi-Winningの掛け金の最低額は500円、最大額は20万円ですが、クイックデモで使える架空の資金は10万円ですので、最大取引額でエントリーすることはできません。

HighまたはLowを選択しエントリー

最後にHighまたはLowを選択して取引をクリックします。

bi-winningデモ取引のやり方4

一連のエントリー作業に慣れてきたらLowの下にあるワンクリックトレードをオンにしてみるといいでしょう。

そうすると、取引ボタンをクリックする操作が省略され、HighまたはLowをクリックするだけでエントリーができるようになります。

クイックデモの操作方法は以上です。

デモトレードであってもきちんとテクニカル分析を行い、根拠のあるエントリーを行ってください。ではないとクイックデモの意味がありませんから。

 

Bi-Winningデモ口座に関するよくある質問

Bi-Winningのクイックデモを使ってみて、出てくるかもしれない疑問についてまとめました。

サポートに問い合わせる前に解消できるかもしれませんので参考までに。

取引履歴は確認できますか?

A.クイックデモでは一定の期間の取引履歴を確認することができます。

取引画面左側のクローズドポジションの部分に表示されているものが、今までの取引履歴です。

bi-winningデモ口座の取引履歴

Cookieの削除を行わなければ、ログインし直しても取引履歴は残ります。逆に、Cookieの削除をすると消えるので注意しましょう。

少し見にくいかもしれませんが、手法の確認などのために取引履歴を保存しておきたい時には、スクリーンショットで画像として保存しておくのがいいでしょう。

ちなみに、リアルトレードでも取引履歴のダウンロードはできませんので、トレード記録を整理する方法を考えておくことをおすすめします。

スマホやタブレットでクイックデモを利用できますか?

A.スマホやタブレットでもクイックデモは利用可能です。

やり方としては、スマホやタブレットからBi-Winningにアクセスし、公式サイト右上の「三」をタップします。

すると、メニューが開くので、取引画面をタップすればデモ画面を開くことができます。

スマホでもクイックデモの条件はパソコンのクイックデモと同じで仮想資金10万円からのスタートになります。

画面が小さく操作性が落ちますが、スマホは場所や時間を選ばずにできるので、利用する可能性があるのなら、感覚をつかむためにスマホのクイックデモで慣れておくといいでしょう。

架空の資金10万円はリセットできますか?

A.デモ口座の資金はリセットすることが可能です。

まれに再ログインをしてもデモがリセットされないことがありますが、その時はパソコンのCookieを削除してみてください。

参考までにGoogleChromeのやり方を説明しておきます。

Cookieの削除方法
  1. 右上の3つ点が連なっているボタンをクリックして [設定] をクリック
  2. [プライバシーとセキュリティ] をクリック
  3. [閲覧履歴データの削除]をクリック
  4. 右下[データを削除] をクリックして完了

Google Chromeヘルプより引用

それでもデモの資金が復活していない時は、パソコンを再起動させて後でもう一度Bi-Winningのデモにログインしてみてください。

クイックデモのほうが勝ちやすい?

A.どのバイナリーオプションのデモ口座でもこの傾向があるようです。

試しにやってみたデモでは結構勝てたのに、本番に移るとなかなか勝てないというケースがあり、実はクイックデモとリアルトレードでは環境が違うんじゃない?なんて意見を言う人がいます。

ただ、デモ口座では以下のような傾向があるということは覚えておきましょう。

  • 資金が減らないので、デモ口座のほうが冷静に取引できる。
  • 自己資金を使わないデモ口座と自己資金が減るリアルトレードとの緊張感のギャップに負ける。
  • 負担がないので、単純にデモ口座のほうがエントリー回数が多い(したがって勝つ回数も多くなる)。

デモ口座とリアルトレードとでメンタルと取引回数が違うことから結果が違ってくるということは十分にあります。

自分の投資資金の増減が関わっている本番では、不安要素が少しでもあるとエントリーをためらいますがデモでは違います。

バイナリーオプション業者側で何か操作しているというのは、考えにくいですね。

クイックデモで慣れておくと便利な機能

先ほども確認したようにリアルトレードとクイックデモでは、メンタルが違い、そこから取引回数なんかも変わってくるので、クイックデモの結果を鵜呑みにしてリアルトレードを始めると、ギャップを感じるかもしれません。

ただ、クイックデモを使って、便利な機能に慣れておくことはリアルトレードでも大いに役立つと思います。

Bi-Winningには便利な機能がいくつかあります。リアルトレードを始める前に使ってみて慣れておくと本番でも有利に取引できると思いますので、ご紹介します。

チャートの変更と分析

多くのバイナリーオプション業者が提供している取引画面ではローソク足チャートは見ることができません。

そのため、MT4などを別に開いてローソク足チャートを表示させ、テクニカル分析を行いますが、Bi-Winningでは取引画面にローソク足チャートを表示させることができます。

ローソク足チャートへの切り替えはクイックデモでもできるので、試してみてください。

以下、ローソク足チャートへの切り替え方法です。

通貨ペアを選択して画面上部のメニューからローソク足を選択します。

bi-winningデモ口座の便利機能1

ローソク足チャートだけでなく、ラインチャートや四本値に切り替えることもできるので、確認してみるといいでしょう。

さらに、インジケーターを表示させることもできます。

bi-winningデモ口座の便利機能2

インジケーターは一つのチャートに複数挿入することもできます。

MT4ほどの精緻さはありませんが、参考にはなるかもしれません。

転売機能

Bi-Winningでも転売機能が使えます。

他業者と仕様は似ていますが、クイックデモでBi-Winningの転売機能の使い方について慣れておくと、リアルトレードでもスムーズに使えるでしょう。

転売のやり方は以下の通りです。

チャートに表示されているポジションの矢印部分をクリックします。

すると転売の金額(売却利益)が表示されるので、金額を確認し途中売却の実行をクリックすると転売ができます。

bi-winningデモ口座の便利機能3

転売という記載はないですが、機能としては転売そのものなので使ってみましょう。

ちなみに、取引画面の左側にあるオープンポジションの部分からも、途中売却がクリックできます。どちらから転売しても違いはありません。

bi-winningデモ口座の便利機能4

転売する際は、価格が変動していくので、手間取っている時間が損益に影響します。自分が素早く操作できるのはどちらの方法かをクイックデモで確認しておきましょう。

ヘッジダブルアップ・ダブルアップ

Bi-Winningにはヘッジダブルアップという機能があります。

ヘッジダブルアップは、クリックをするだけでエントリーしているポジションの逆方向へ同じ掛け金でエントリーしてくれます。

ヘッジダブルアップのやり方としては、砂時計のようなマークが目印です。相場が予想とは反対に動いている状況でこのままいくと負けてしまう可能性が高まったら、ヘッジダブルアップをして保険をかけます。

bi-winningデモ口座の便利機能5

損失が出そうな時の対策になりますので、デモで体験しておくといいでしょう。

ちなみに、ヘッジダブルアップをしたポジションの取引時間は、元々のポジションが適応されます。

ヘッジダブルとは反対のダブルアップという機能もBi-Winningにはあります。

こちらは相場が予想した方向に動いている状況でこのままいくと勝てる可能性が高まったら、ダブルアップをして利益を増やすことができます。

ダブルアップは×2が目印です。ヘッジダブルアップのすぐ隣になるので、間違えないように気をつけてくださいね。

bi-winningデモ口座の便利機能6

ダブルアップは元々保有していたポジションと同じ掛け金でエントリーができるので、簡単言えば収益を2倍にすることができる機能です。

ただし、負けると損失が倍になりますので、その点は気を付けましょう。

取引時間はヘッジダブルと同じように元々のポジションのものが適応されます。

まとめ

Bi-Winningのクイックデモは登録や手続きもする必要がなく、ボタンをクリックするだけで始めることができます。

本番と同じ環境で取引ができるので、機能や操作の確認に使うといいでしょう。

Bi-Winningならでは機能があったりもしますので、クイックデモで練習して本番のトレードに役立ててください。

【補足】

ここでご紹介したBi-winningの業者詳細については、「Bi-winningの評価・評判まとめ!利用者の口コミも紹介!」でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。


\まずはデモ取引から挑戦!/

この記事を書いた人(管理人)

白川 雄太

こんにちは!白川です。

私は医療系のお仕事に従事する傍ら、副業でバイナリーオプションに挑戦中です。はじめこそは大赤字でしたが、現在では月に10~30万円ほどの安定した収入を上げ続けています。
億トレーダーとはいきませんが、それなりに稼げるメソッドは確立しているつもり(笑)なので、ぜひとも当サイトを使い倒しちゃってください!

業者選びは慎重に・・・

「バイナリーオプションを始めたいけど、どの業者を選べばいいのか分からない…」

こんな方、いませんか?

バイナリーオプションでは、業者選びを間違えるとまともに稼げずバイナリーの世界から強制退場…なんてことも十分ありえます。厳しいですがこれが現実です。

そこで、わたくし白川がこれまで培ってきた経験を活かし、最強のバイナリーオプション業者を厳選しました!!

日本人トレーダーに最も人気のバイナリーオプション業者をランキング形式でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

また、わたくし白川が個人的におすすめしたいのが「ハイローオーストラリア」です。

何を隠そう、私がこれまで上げてきた利益のほとんどがこのハイローオーストラリアで稼いだものなのです!
ステマでもなんでもなく、このハイローオーストラリアは、数あるバイナリー業者の中でも日本人トレーダー人気No.1を誇ります。

業者選びに迷ったら、ハイローオーストラリアを選んでおけばまず間違いありませんよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です