仮想通貨

【最新版】DMMビットコインの評判・口コミを総まとめ

dmmビットコインの評判・口コミまとめ
りんごちゃん
りんごちゃん
DMMコインの評判ってどうなの?

この記事では、このような疑問を解決します。

DMMビットコインは2018年にサービスをスタートさせた国内の仮想通貨取引所です。

今回は、DMMビットコインのサービス概要や評判についてご紹介します。

白川
白川
「今すぐDMMビットコインで仮想通貨取引が始めたい!」という方は、下のリンクをチェック!

\手数料無料!最短1時間で取引が始められる!/

DMMビットコインはどんな業者?概要まとめ

dmmビットコインの概要

DMMビットコインは、動画事業などを中心にサービスを展開している「DMMグループ」の子会社です。

DMMグループは、ネット証券である「DMM FX」なども展開しており、セキュリティ面でも安心できる会社です。

なお、DMMビットコインは「販売所形式」を採用しています。

販売所形式とは・・・

投資家が仮想通貨取引所を相手に仮想通貨を購入(売却)するサービスで、提示されている価格で取引所からすぐに購入(売却)ができるので、取引チャンスを逃すリスクが低いというメリットがあります。

販売所の注文画面は「買値」と「売値」だけが表示される「2Wayプライス」になっているので、初心者でも簡単に操作することができ、スムーズに暗号資産を購入することができるでしょう。

DMMビットコインの会社概要

DMMビットコインの概要をまとめます。

DMMビットコインの会社概要
会社名 株式会社 DMM Bitcoin
登録番号 暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
事業内容 暗号資産交換業及び暗号資産証拠金取引業(差金決済取引)
本社所在地 〒103-6010 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
設立日 2016年11月7日

東京ビットコイン取引所が2017年にサービス名を改名したのが、現在のDMMビットコインです。

金融庁からの暗号資産交換業の認可については、旧サービス名の時に取得しています。

なお、取り扱っている仮想通貨は全部で12種類です。そのうち、現物取引ができるのは「ビットコイン」と「イーサリアム」と「リップル」の3つの暗号資産です。

DMMビットコインのサービス概要

DMMビットコインのサービスについてもまとめてみました。


DMMビットコインのサービス概要
取引手数料 ・現物取引:無料
・レバレッジ取引:無料
BitMatch取引手数料 ・現物取引:2円~
・レバレッジ取引:2円~
口座管理 無料
日本円入出金 ・銀行振込:無料
・クイック入金:無料
・出金:無料
暗号資産の入庫・出庫 ※無料
※マイナーへの手数料は顧客負担です。
口座開設 無料
口座管理 無料

BitMatch取引という見慣れないサービスがあるので、説明しておきます。

BitMatch取引とは・・・

DMMビットコインの提示するミッド(仲値)価格を参考として、一定の有効期限内(発注から30秒)におけるミッド(仲値)価格で取引が成立する注文方法のことです。
取引対象となる銘柄・数量に対してユーザー同士の注文をマッチングはしますが、約定におけるユーザーの取引相手はDMMビットコインになります。

ユーザーの注文が他のユーザーの注文と一部又は全部がマッチングした場合、その一部又は全部についてマッチングが成立し、マッチング時点におけるミッド(仲値)価格で約定しますが、有効期限内にユーザーの注文が他のユーザーの注文とマッチングしなかった場合は、その一部又は全部についてマッチングは成立せず、成行の時価で約定が行われます。

DMMビットコインの魅力の一つは、日本の取引所のなかでもアルトコインのレバレッジ取引をできることです。

白川
白川
特に、モナコイン(MONA)のレバレッジ取引ができるのは、DMMビットコインだけです!

また、仮想通貨取引ではレバレッジ取引ができますが、その倍率は、国内では4倍までと定めらています。

レバレッジ取引とは・・・

少ない証拠金でもレバレッジをかけて、大きな金額で取引する取引方法です。

例えば、国内の仮想通貨取引であれば、100万円を証拠金にした場合、最大で400万円までの取引ができます。

少ない証拠金で大きな金額を取引ができるという点は魅力的ですが、もちろん、倍率が大きくなればその分、損失も大きくなるので注意が必要です。

DMMビットコインの良い評判まとめ

dmmビットコインの良い評判

DMMビットコインは、以下の点が高く評価されているようです。

白川
白川
それぞれ詳しく見ていきましょう!

取り扱っているアルトコインが12種類と比較的豊富

DMMビットコインでは、現物取引では4種類の銘柄が取引可能で、レバレッジ取引では、これらの仮想通貨に加えて、12種類の銘柄で取引を行うことができます。

現物取引取引銘柄
BTC/JPY ETH/JPY XRP/JPY
レバレッジ取引銘柄
BTC/JPY ETH/JPY XEM/JPY XRP/JPY LTC/JPY ETC/JPY BCH/JPY XLM/JPY MONA/JPY BAT/JPY QTUM/JPY OMG/JPY ETH/BTC XEM/BTC XRP/BTC LTC/BTC ETC/BTC BCH/BTC ETC/ETH

BitMatch取引手数料以外の手数料が無料

DMMビットコインでは、口座開設手数料、口座維持手数料、出金手数料、ロスカット手数料といったBitMatch取引手数料以外の手数料が無料です。

レバレッジ取引ができる

DMMビットコインでは、レバレッジ取引ができます。

先ほどもお話しした通り、仮想通貨取引の国内でのレバレッジは最大4倍ですが、DMMビットコインのレバレッジ倍率は最大2倍です。

繰り返しますが、レバレッジ取引は倍率を大きくすればするほど、損失も膨らみます。「最大倍率が2倍か~」と残念に思った人は、レバレッジ取引を行う際のリスクについても考えてみましょう。

仮想通貨は単価が高いです。現時点で1BTCは1BTC400万円を超えています。この2倍の額を取引すると、800万円の取引をすることになります。100万円下落しただけでも、損失は200万円になります。

仮想通貨はボラティリティが高いので、基本現物取引でも十分に利益が狙える投資対象です。

FXやバイナリーオプションの感覚でレバレッジを考えないようにしましょう。

LINEを活用したカスタマーサポートが受けられる

DMMビットコインは、365日対応のカスタマーサポートを実現しています。

サポートを受ける方法は簡単で、公式サイトや取引画面からサポート画面に移動するし、LINEで相談をすることができます。

ただし、LINEでの相談はオペレーターの人員数の関係上、対応にはある程度の時間がかかる場合もあるようです。

取引ツールが充実している

DMMビットコインでは、仮想通貨取引が初めてというだけでなく、投資そのものが初めてという人もでも、直感的に操作方法が分かる取引ツールを用意しています。

もちろん、取引ツールはPC版/スマホ版どちらも無料です。

また、BitMatch取引ではスプレッドを気にせず、ミッド(仲値)価格で売買ができますので、スプレッドに関して、分からくても取引ができます。

専用のスマホアプリがある

DMMビットコインには専用のスマホアプリがあります。

操作も簡単にできるので、外出先からでもスマホ経由で取引をすることができ、チャンスを逃す機会を減らすのに役立つでしょう。

DMMビットコインの悪い評判まとめ

dmmビットコインの悪い評判

続いて、DMMビットコインのデメリットについても見ていきましょう。

DMMビットコインには以下の2つの点が悪評されています。

白川
白川
こちらもそれぞれ見ていきましょう!

現物取引の銘柄が少ない

DMMビットコインで現物取引ができるのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルだけです。

これらの仮想通貨の単価はすでにかなりの額になっていますので、現物取引をするとなると、それなりの証拠金が必要になります。

資金力がない人は、そもそも投資に参入できません。

スプレッドが広くなる場合がある

DMMビットコインは「スプレッドが広い」という評判がありますが、実際、レバレッジ取引を行う場合はスプレッドに注意する必要があります。

スプレッドとは、仮想通貨取引を行う際に発生する売値と買値の価格差のことをいいます。

後で詳しくお話しますが、DMMビットコインでは、状況次第ではスプレッドがやや広くなる傾向があるので注意が必要です。

「DMMビットコインはスプレッドがひどい!」の真相

dmmビットコインはスプレッドがヒロリ

DMMビットコインで調べていると「スプレッドが広い」とか「スプレッドがひどい」とか出てきます。

多くの人がDMMビットコインのスプレッドは広いと感じているようですね。

実際、どんな感じなのか見てみましょう。

取引手数料が無料な分スプレッドが広い

DMMビットコインは販売所形式をとっているので、手数料は無料です。しかし、その分スプレッド(売りと買いの価格差)で利益を得ています。

これはユーザー側にとっては、取引コストになりますので、そのことを知らないと思わぬ損失と感じるようです。

基本、スプレッドが狭い取引所を選んだ方が取引コストは安く抑えることができますfが、他の取引所と比較して、DMMビットコインのスプレッドは広いのでしょうか?

白川
白川
主要業者で比較してみました!
取引所 BTC/JPY ETH/JPY XRP/JPY BCH/JPY LTC/JPY
DMMビットコイン 54,128円 5723円 1.939円
GMOコイン 257,824円 7,894円 1.918円 2,482円 972円
Coincheck 393,000円 14,670円 7.94円 5,005円 1,711円
bitFlyer 190,761円 7,005円 2.33円 2,872円 1,323円
Huobi Japan 253,865円 9,869円 1.53円 3,157円 1,444円
SBI VCトレード 158,243円 5,435円 1.3円

※2021年3月15日時点

実際に比較してみると、DMMビットコインのスプレッドがずば抜けて広いというわけではないことが分かると思います。

さらに、現在、DMMビットコインでは、スプレッド縮小キャンペーンを実施中です。

スプレッド縮小キャンペーン詳細はこちら

8月末までのキャンペーンですが、スプレッドが気になる場合は、キャンペーンが実施されている時間帯に取引するといいでしょう。

「DMMビットコインは送金が遅い」の真相

dmmビットコイン送金が遅い

DMMビットコインの評判を調べていて、「スプレッドが広い」と同じくらい話題になっているのが「送金が遅い」というものです。

こちらに関して、まずお伝えしておかなければならないのは、仮想通貨はその仕組み上、即反映はできないということです。

仮想通貨はマイニングとの関係で、法定通貨のように即時反映できるものではありません。ですから、送金に関してもある程度のタイムラグは覚悟しなければなりません。

したがって、法定通貨のようなスピーディさを期待していたら、遅く感じるかもしれませんね。

それを踏まえたうえで、代表的な仮想通貨に関するDMMビットコインの入出金条件を改めて確認してみましょう。

ビットコインの入出金条件
入金(※1) 出金(※2)
受付時間 24時間365日(メンテナンス時間を除く) 24時間365日(メンテナンス時間を除く)
手数料 無料(マイナーへの手数料はお客様負担) 無料
最低数量 制限なし 0.02BTC/1日1回(※3)
最高数量 制限なし 10BTC/1日1回
所要時間 最短60分(※4) (6段階承認後)出金依頼の翌営業日から起算して、原則として3営業日(土日祝日を除く)以内

※1)誤ったアドレスに入金した場合や異なる暗号資産を入金した場合、当該暗号資産は当社に届かず、失われる可能性があります。その場合、当社では返還等の対応には一切応じられないため、入金用アドレスに誤りがないか、十分にご確認ください。

※2)出金時に、ご利用目的の記載及びご本人確認のため2段階認証が必要となります。出金するとキャンセルできませんので、出金先アドレスに誤りがないか、十分にご確認ください。

※3)全額出庫の場合、最低数量の制限はございません。

※4)ブロックチェーン上の承認状況により異なります。

                         

誤ったアドレスを利用したりすると、送金が翌営業日にずれ込んだりもするようです。

出金に関して、原則3営業日かかります。このことを念頭に入れて、時間に余裕をもって出庫しましょう。

イーサリアムの入出金条件
入金(※1) 出金(※2)
受付時間 24時間365日(メンテナンス時間を除く) 24時間365日(メンテナンス時間を除く)
手数料 無料(マイナーへの手数料はお客様負担) 無料
最低数量 制限なし 0.1ETH/1日1回(※3)
最高数量 制限なし 200ETH/1日1回
所要時間 最短9分(※4) (36回承認後)出金依頼の翌営業日から起算して、原則として3営業日(土日祝日を除く)以内

※1)誤ったアドレスに入金した場合や異なる暗号資産を入金した場合、当該暗号資産は当社に届かず、失われる可能性があります。その場合、当社では返還等の対応には一切応じられないため、入金用アドレスに誤りがないか、十分にご確認ください。コントラクトアドレスから入金された場合、お客様の口座に反映することができません。

※2)出金時に、ご利用目的の記載及びご本人確認のため2段階認証が必要となります。出金するとキャンセルできませんので、出金先アドレスに誤りがないか、十分にご確認ください。

※3)全額出金の場合、最低数量の制限はございません。

※4)ブロックチェーン上の承認状況により異なります。

 

こちらに関しても入出金条件はビットコインと同じですが、入金に関する所要時間はビットコインよりも速そうですね。

リップルの入出金条件
入金(※1) 出金(※2)
受付時間 24時間365日(メンテナンス時間を除く) 24時間365日(メンテナンス時間を除く)
手数料 無料(マイナーへの手数料はお客様負担) 無料
最低数量 制限なし 50XRP/1日1回(※3)
最高数量 制限なし 200,000XRP/1日1回
所要時間 最短9分(※4) (36回承認後)出金依頼の翌営業日から起算して、原則として3営業日(土日祝日を除く)以内

※1)誤ったアドレスに入金した場合や異なる暗号資産を入金した場合、当該暗号資産は当社に届かず、失われる可能性があります。その場合、当社では返還等の対応には一切応じられないため、入金用アドレスに誤りがないか、十分にご確認ください。リップルの入金においては、入金用アドレスと入金用タグ(10桁の数字)の2種類をご指定いただく必要がございます。入金用アドレスと入金用タグ(10桁の数字)の2種類に誤りがないか十分にご確認ください。
※2)出金時に、ご利用目的の記載及びご本人確認のため2段階認証が必要となります。出金するとキャンセルできませんので、出金先アドレスに誤りがないか、十分にご確認ください。
※3)全額出金の場合、最低数量の制限はございません。
※4)ブロックチェーン上の承認状況により異なります。

リップルの場合は、入庫時に入庫用アドレスと入庫用タグ(10桁の数字)の2種類が必要です。入庫する際は、入庫用アドレスと入庫用タグに間違いがないかきちんと確認しましょう。

「DMMビットコインのキャッシュバックがもらえない」の真相

dmmビットコインはキャッシュバックが貰えない

DMMビットコインでは、新規口座開設完了で2,000円がもらえるキャンペーンを実施中です。

キャンペーン概要

新規口座開設完了で、全員にもれなく2,000円をプレゼント!

期間

2021年8月1日(日)7時00分~2021年9月1日(水)96時59分

プレゼント対象

期間中に、新規に口座開設が完了したお客様

キャンペーン詳細はこちら

ただ、問題はこれらのキャンペーンに関して、「キャッシュバックをもらえない」という噂があることです。

キャッシュバックをもらうにはいくつかの注意点があります。しっかり確認して、確実にキャッシュバックを受け取りましょう。

白川
白川
それぞれ詳しく解説します!

郵便の到着から30日以内に認証コードを入力する

DMMビットコインの申し込みが完了すると、DMMビットコインから郵便が届きます。

この郵便に書かれている認証コードをDMMビットコインのマイページに入力しなければ手続きは完了しません。

難しい作業ではないのですが、意外と入力し忘れている人も多く、これが原因で「キャッシュバックがもらえない!」と言っている人もいるようです。

郵便が到着したら入力することを忘れずに!

口座開設に時間がかかる可能性がある

口座開設の郵便が届くまで、最大で1ヶ月以上かかることがあります。

FXやバイナリーオプションの口座開設はすぐに完了するので、その感覚でいると、不安になるくらいDMMビットコインの口座開設には時間がかかります。

キャッシュバックを受け取るには、先ほどご紹介した「認証コードの入力」が必要です。

郵便がなかなか届かないために、キャッシュバックがもらえないということはよくあるようです。

転居届は解除しておく

DMMビットコインの郵便物は、「転送不要」の簡易書留で届きます。

そのため、転居届を出している人は解除しておきましょう。

転居届が出されていると、いつまでたってもDMMビットコインからの郵便物は届きません。一時的に転居届は解除しておきましょう。

ちなみに、転居届の解除は、郵便局の「e転居」に元の住所を入力するだけでオンライン完結します。

申し込みから手続きが完了するまでは、4~5営業日ほどかかるので、必要な人は早めに手続きしておきましょう。

また、転居届の申請は、書類を受け取ってから再度「e転居」をすればできます。

転居届に関する手続き自体は、オンラインで5分もかからず完結します。

DMMビットコイン利用者のの口コミまとめ

dmmビットコイン利用者の口コミ

最後に、DMMビットコイン利用者のの口コミをいくつかご紹介します。

DMM Bitcoinのアプリおとして見てるけど、やっぱり流石だなぁと思う部分も多い。

引用:Twitter

DMMビットコインの注文画面には、「買値」と「売値」だけが表示される「2Wayプライス」なだけでなく、「4分割チャート」という機能が備わっています。

仮想通貨の価格変動を直感的に把握できるので、初心者にもうれしいですね。

ちなみに、この機能はDMMビットコインのみ実装しており、他の取引所にはない仕組みです。

詳細が発表されたDMMの暗号通貨取引所「DMM Bitcoin」。目玉はアルトコインが充実したレバレッジ取引

レバ取引だとビットフライヤーとGMOがレバレッジ取引の2強かと思いますが、スペックを比べると充分戦えそう。あとはスプレッドの狭さ、それに儲けた人への寛容さがあれば

引用:Twitter

DMMビットコインは、ビットコインだけでなく、12種類のアルトコインのレバレッジ取引ができます。

レバレッジ取引に対応しているのは「ビットコインのみ」という場合が国内取引所では多いので、様々なアルトコインにレバレッジをかけることができるのを歓迎している人も多いようです。

DMMBitcoinのセキュリティで生体認証ってのがあるけど、これ凄いね
セキュリティは強いに越したことはないからもし2段階承認してない人がいたら今スグしよう
絶対しないとダメだよ
忘れた頃にやってくるハッキングマン

引用:Twitter

DMMグループは「DMM FX」というネット証券も運営しているので、セキュリティレベルは非常に高いです。その点では、ネームバリューもありますね。

DMMBitcoinのセキュリティで生体認証ってのがあるけど、これ凄いね
セキュリティは強いに越したことはないからもし2段階承認してない人がいたら今スグしよう
絶対しないとダメだよ
忘れた頃にやってくるハッキングマン

引用:Twitter

【DMM bitcoin】
スプレッド原則500固定ではなくなり、おおよそ倍のスプへ拡大。そこだけは他の取引所とは一線を画していただけに非常に残念です。

引用:Twitter

レバレッジが広いというのをネックに感じている人はやはり多いようです。キャンペーンなどを利用して、賢く取引しましょう。

DMM Bitcoin口座解説の登録してみた。
ただ現物取引がBTC,ETHのみ、他はレバできるけど現物ないし、スプレッドが8%近いものもあって広すぎる…
問い合わせをLINEで用意したりする取り組みは素晴らしいんだけどな。

引用:Twitter

DMMビットコインはレバレッジ取引に特化しているので、現物取引の銘柄は少ないです。

レバレッジ取引の良さを知っているだけにこういう不満も出てくるのでしょうね。

まとめ

DDMビットコインについてはまとまった情報がまだまだ少なく、情報難民になっている人も多いと思います。

運営元としては、信頼性の高いDMMグループが母体なので、安心して取引できるでしょう。

また、レバレッジや送金、スプレッドに関しては、FXやバイナリーオプションの感覚で考えている人がまだまだ多いのかな?という印象です。

仮想通貨は、額が大きいですし、そもそも法定通貨と仕組みが違いますので、取引に関しても勝手が違ってくるということを頭に入れておきましょう。


\まずはデモ取引から挑戦!/

この記事を書いた人(管理人)

白川 雄太

こんにちは!白川です。

私は医療系のお仕事に従事する傍ら、副業でバイナリーオプションに挑戦中です。はじめこそは大赤字でしたが、現在では月に10~30万円ほどの安定した収入を上げ続けています。
億トレーダーとはいきませんが、それなりに稼げるメソッドは確立しているつもり(笑)なので、ぜひとも当サイトを使い倒しちゃってください!

バイナリーオプションの手法選びに困ったら・・・
当サイトイチオシの”勝てる”手法一覧
順張り・逆張り
RSI
両建て
移動平均線
5分取引
モンテカルロ法
EXT法
ノイズ
仲値ゴトー日
ゴールド取引
CCI
フィボナッチ
ストキャスティクス
MACD
バンドウォーク
ゴールデンクロス
ボリンジャーバンド
平均足
グッドマン法
パーレー法
白川術
仮想通貨
ダイバージェンス
押し目買い・戻り売り
ナンピン
スキャルピング
マーチンゲール
1分取引

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です