仮想通貨

【最新】イーサリアム(ETH)の特徴や今後の展望を大予想!

イーサリアム今後

仮想通貨市場でビットコインに次いで人気があるのが「イーサリアム」です。

現在(2021年7月時点)、ビットコインが暴落中の中、イーサリアムに注目が集まっています。

この記事では、イーサリアムとはどんな仮想通貨で今後どのような展望が期待できるのかについて解説します。

白川
白川
No.2通貨の今後の展望を大予想します!

イーサリアムとは

イーサリアムとは

イーサリアムとは、仮想通貨市場で時価総額2位という非常に人気がある仮想通貨(アルトコイン)です。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称のことです。

仮想通貨にはそれぞれ用途がありますが、イーサリアムはどのような目的で開発された仮想通貨なのか?についてまずは解説します。

イーサリアムは何の通貨?

先ほども書きましたが、仮想通貨にはそれぞれに用途が存在します。

そのため、仮想通貨の将来性というのは、開発された用途がこれから先どれだけのニーズがあるかということと深く関係しています。

【具体例】

例えば、仮想通貨の中で最も有名なビットコインは、日本円などの法定通貨と同じ「決済用」として開発されました。

ビットコインは中央管理者がいないブロックチェーンを基礎として製造される通貨で、改ざんなどの恐れが少ないために急速に普及しました。

一方、イーサリアムは「スマートコントラクト」という自動契約技術を用いた、分散型アプリケーション(dApps)の開発を行うために発案されました。

そのため、イーサリアムにはプラットフォーム自体を示すときもあれば、そのプラットフォーム内で使用される通貨のことを意味することもあります。

白川
白川
一度整理してみましょう!
イーサリアムの意味するもの
  • イーサリアム:dApps開発のためのプラットフォーム
  • イーサリアム(ETH):上記の「イーサリアム」内で使用される通貨

つまり、イーサリアムの有用性がイーサリアム(ETH)の価値を決めるのです。

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアム(ETH)の特徴

ここからは、仮想通貨としてのイーサリアムに着目し、その特徴を見ていきましょう。

イーサリアムには、他の仮想通貨にはない次の2つの特徴があります。

白川
白川
それぞれ詳しく見てきましょう!

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、今まで手動で行ってきた「契約」をブロックチェーン上で「自動化」することです。

スマートコントラクトを導入すると、改ざん不可能で且つ非中央集権型のサービスを実現することができます。

ビットコインでは、ブロックチェーンの「改ざんが不可能」という特質を利用して、決済情報を記録していきますが、イーサリアムではブロックチェーン上に契約記録を記録していくのです。

スマートコントラクトが導入されれば、人間を介在せずに、より高いセキュリティレベルを保った契約が可能になります。

また、Solidityという独自のプログラミング言語を利用し、契約の執行条件などをブロックチェーン上に定義することで、契約を完全に自動化することもできます。

なお、スマートコントラクトを利用するために、イーサリアム上ではイーサリアム(ETH)を燃料(GAS)として利用しています。

この燃料代がイーサリアムのプラットフォームを利用するための手数料のような役割を担っています。

イーサリアムの技術は金融だけでなく、不動産取引や電力登記など、様々なことに応用できるとされています。

分散型アプリケーション(dApps)を作れる

イーサリアム(プラットフォーム)上では、分散型アプリケーション(dApps)を開発することもできます。

dAppsとは、「Decentralized Applications」の略称で、ブロックチェーンを利用した「非中央集権」なアプリケーションのことです。

現在、普及しているアプリケーションのほとんどは、監視する人・企業が必要な「中央集権型」のアプリケーションです。

一方、ブロックチェーン技術を利用したdAppsは、中央に管理者を必要としない「非中央集権型」のシステムを採用しています。

イーサリアムはブロックチェーン技術を利用した「非中央集権」のアプリケーションなので、内部での不正やサーバーダウンなどを回避することが可能です。

今現在、イーサリアムからは、「分散型取引所(DEX)」や「ゲーム」など、約1000個のdAppsがリリースされています。

イーサリアムを利用したdAppsがより身近なものになれば、イーサリアム(ETH)の需要も高まることが期待されます。

イーサリアムのこれまでの動向

イーサリアムのこれまでの値動き

イーサリアムは、2013年にすでに原型が誕生していました。正式に現在のオープンソースのブロックチェーンプラットフォームとしてリリースされたのは2015年です。

2015年にリリースされて以降、2021年5月には時価総額は約30兆円となり、ビットコインに次ぐ2位となりました。

しかし、5月中旬から始まった仮想通貨市場全体の下落のため、7月現在では時価総額約18兆円となっています。

この暴落によりイーサリアムの存続を疑っている人もいるかもしれませんが、これまでの動向を考えると、決して珍しいことではないことが分かると思いますので、これまでのイーサリアムの値動きを振り返ってみましょう。

白川
白川
それぞれ詳しく解説します!

将来性が期待されてリリース直後に0.8ドルをマーク

先ほどもお話ししましたが、イーサリアム(ETH)がイーサリアム開発テスト環境であるRopstenにリリースされたのが2015年ですが、実際にはその前からプレリリースが行われていました。

さらに、一般公開前にもテスト環境がリリースされました。

Ropstenは仮想通貨の開発に広く用いられるテストネットの一つとして有名でしたが、この環境下ではイーサリアム(ETH)の受け渡しかできませんでした。

その後、フロンティアアップデートによってイーサリアムが一般のインターネットに公開され、マイニングやアドレス間の資金移動や契約作成、トランザクションの送信が可能になりました。

しかし、ブロックチェーンには記録されませんでした。

というのは、改ざん耐性の高いブロックチェーンにあえて記録をしないことによって、バグが発生した場合はバグ前に巻き戻しができるからです。

この段階では、開発者がバグを修正するテスト段階だったんですね。

そんなテスト段階でも、将来性に期待が集まり、リリースした直後の段階で0.8ドルをマークしています。

ビザンチウムの稼働をきっかけに上昇傾向に

2017年9月にビザンチウムの稼働が実施されました。

ビザンチウムとは、イーサリアムのハードフォークの名称です。ハードフォークとは、仮想通貨の基本的な部分のルール変更のことです。

ビザンチウムは大きな変化点と見なされ、直後のトレンドでは大きな値上がりは発生しませんでしたが、2017年11月には1ETHが4万円台を超えるまでに上昇していきます。

これに加えて、この時期に他の仮想通貨も含めて相対的に価格が上昇したので、これに連られて、イーサリアム(ETH)の価格もさらに上昇しました。

11月下旬には5万円台を突破し、12月に入ってもその勢いは衰えず、12月中旬には8万円、12月下旬には9万円を超えて一気に価値が高まりました。

2018年に最高値を記録

2017年の状況傾向は2018年に入っても続き、2018年1月には1ETHが16万円にまで暴騰します。

しかし、仮想通貨市場のバブルの影響で、イーサリアム(ETH)の勢いにも徐々に陰りが見え始め、11万円台まで急落します。

2018年のG20サミットで完全にバブルがはじけて大暴落

この下落傾向に追い打ちをかけるように、2018年3月にG20サミットで仮想通貨規制について話し合いが行われ、仮想通貨が驚異となりつつあること、また国際的なルール作りの重要性が叫ばれていること、そして国家レベルでの仮想通貨が模索され、イーサリアムや他の仮想通貨に対しての風当たりが強くなった時期でもありました。

そのため、仮想通貨市場全体の相場がさらに下落します。

イーサリアム(ETH)に関しては、4月時点で一時1ETHで4万円台にまで下落し、1年前に比べて約25%の下落幅を記録しました。

EIP(イーサリアム改善案)によって回復

この状況に対して、イーサリアムが反撃に出ます。

2018年4月20日にイーサリアムの開発者間会議が実施され、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズム変更に向けて、新しいコード準備が整ったと発表。

Hybrid Casper FFG(Friendly Finality Gadget)と呼ばれる、EIP(イーサリアム改善案)1011を示めし、それまでの承認方法から不正を行うと資産を失うリスクがあるPoSと呼ばれるアルゴリズムが入ったhybrid PoW/PoS systemに移行する計画が進められました。

これによって、エネルギー消費が激しい従来のマイニング方法と違って、より環境に優しいMintingと呼ばれる手法へと移行します

この移行計画はCasperと命名されましたが、市場がこれを評価し、イーサリアム(ETH)はV字回復します。

2020年から再び高値傾向になるも歴史的な大暴落

2019年に入り、イーサリアムブロックチェーンの1日あたりの決済額は約25億ドルにまで増加し、初めてビットコインを上回ります。

その後も、順調に値上がりを続け、2020年も右肩上がりでしたが、2021年の年始から1月11日にかけて暴落します。

原因は、イギリス当局による暗号資産の監視や規制の強化とされています。

2020年11月以降、異例の上昇を続けていたこともあり、下落時の反動が大きく、イーサリアムは約14%下落しました。

2021年5月に最高値更新するも7月には半分の価格に

その後大きく価格を上げ、2021年5月に史上最高値を更新し、2021年5月4日時点で約36万円ほどで推移していました。

5月中旬にはイーロン・マスクの影響や各国の規制強化、中国のビットコインマイニング禁止措置といったネガティブなニュースを受け、仮想通貨全体が下落したことをうけて、イーサリアム(ETH)も価格が下落。最高値の半分程度で現在は落ち着いている状況です。

ご覧のとおり、仮想通貨そのものの市場を揺るがすような不安要因がない限り、イーサリアム(ETH)の価格は上昇しており、底力を感じます。

実際、クレジットカードの国際ブランドであるVISAがイーサリアムのブロックチェーン上で発行されているUSDCの採用と決定したことやブラジル証券当局のイーサリアムETFを承認したといったイーサリアムの将来性を評価する明るい話題も多いです。

イーサリアム(ETH)の価格変動に影響すると思われるイベント

イーサリアムの今後のイベント

ここからは、イーサリアムの未来予想をしていきましょう。

今後のイーサリアム(ETH)の価格に影響すると思われるイベントには次のようなものがあります。

白川
白川
こちらも詳しく見てきましょう!

ビットコインの値動きによる価格変動

イーサリアム(ETH)はビットコインとは仕組みが異なる仮想通貨ですが、アルトコインであるため、ビットコインの価格変動に釣られて価格が変動する傾向があります。

つまり、ビットコインが値上がりしたら、イーサリアムも値上がり、ビットコインが下落すると、イーサリアムも下落するということです。

イーサリアム(ETH)の相場全体として、このような状況が続いているのでさらなるイーサリアムの価格上昇にはビットコインの価格上昇が重要になります。

具体的に見てみると、イーサリアム(ETH)とビットコインには次のような関係があります。

2021年4月にビットコインは700万円を達成し、イーサリアム(ETH)もそれに応じて高値更新。

しかし、2021年4月中旬よりビットコインドミナンスが50%を下落し、アルトコインに大幅な資金流入があったことから、ビットコインは下落しましたが、イーサリアム(ETH)は高値を更新しました。

5月下旬から仮想通貨市場全体が暴落しているいっぽうで、ブラジル証券当局がイーサリアムETFを承認したといったイーサリアム特有のポジティブニュースがあり、価格が回復するといったことも起きています。

この値動きを分析すると、ビットコインの連動性は低くなっており、イーサリアム(ETH)は独自の値動きを見せつつあると判断できますが、依然として、ビットコインの価格の影響は無視できません。

開発・実用化の進捗による影響

イーサリアム(ETH)の今を語るうえで欠かせないのが、スマートコントラクトです。

スマートコントラクトは、不動産売買、マーケットプレイス、ギャンブル、金融の分野で活用が期待されており、既に金融分野では実装が進んでいます。

とりわけ、DeFiの市場成長は注目に値します。

DeFiとは、「Decentralized Finance(分散型金融)」の略で、ブロックチェーン技術を活用して従来の取引所や銀行などに頼らない新しい金融サービスを目指しているのが特徴です。

イーサリアムはスマートコントラクトを金融分野で実装することによって、DeFiを実現しました。

その結果、お金の貸し借りを誰でも簡単に行えるようになり、世界中で仮想通貨の流動性を大きく増やすことに貢献しています。

DeFiの具体例
  • Uniswap
  • Sushiswap
  • Compound

これらは代表的なDEX(分散型取引所)です。このDEXが発展することでベースに使われているイーサリアムの価値が大きく向上しています。

特に、Uniswapが提供しているUniというガバナンストークンは、急激な価格上昇を記録し、DeFi銘柄という分野を作った通貨と言えます。

イーサリアム2.0へのアップデート

イーサリアム(ETH)は2020年の12月1日に「イーサリアム2.0」アップデートのフェーズ0に入りました。

このアップデートの大きな変更点はコンセンサスアルゴリズムの変更になります。

現在はPow(プルーフオブワーク)と言われるアルゴリズムが採用されていますが、最終アップデートであるセレニティが完了するとPoS(プルーフオブステーク)と言われるアルゴリズムへの移行が完了します。

かなり有用なアップデートですが、延期が続いていることもあり、2021年に完了するかは定かではありません。

しかし、セレニティが完了したら大きなポジティブニュースになることは間違いありません。

コロナによる金融市場への影響

2020年から2021年からコロナの影響によって仮想通貨を始めとした資産にお金が流入しています。

各国政府による無期限の金融緩和がこの状況を下支えしていることもあり、コロナで市場がクラッシュするのではなく、市場にお金が流入する結果となり仮想通貨や株式、そして不動産が次々と最高値を更新してました。

平たく言うと、市場に溢れたお金がコロナによって娯楽消費ができないため、株式、債権、金、そして仮想通貨にお金が流れているのです。

しかし、7月27・28日開催のFOMCではテーパリングの可能性が示唆されています。テーパリングが実施されると、仮想通貨市場の成長も鈍化するという傾向がありますので、これ以降のイベントも重要になってくるでしょう。

イーサリアムの今後を予想!ビットコインを超える!?

イーサリアムの今後を予想

最後に、イーサリアムに関するゴールドマン・サックスの見解をご紹介します。

先日、リーク情報で、ゴールドマン・サックスが暗号通貨市場で第2位のイーサリアム(時価総額2500億ドル)が第1位のビットコイン(同6600億ドル)を追い越し、「支配的」なポジションに就く可能性が高いと分析したことが明らかになりました。

ブロックチェーンや分散型金融に特化した投資企業パラフィ・キャピタルのパートナーのサンティアゴロエル・サントス(@santiagoroel)氏によると、ゴールドマン・サックスのアナリストは、「価値の保存先を決定する上で実際のユースケースが重要であることを考えると、イーサリアムはビットコインを追い越して支配的な価値の保存先になる可能性が高い」と語ったそうです。

先ほどもお話ししましたが、イーサリアムは伝統的な銀行の役割をブロックチェーンベースのプロトコルに置き換えることを目的とした、DeFiを実現しました。さらに、美術品やコレクターズアイテムをデジタル化するNFTトークンも、主にイーサリアムのブロックチェーン上で発行されいるそうです。

これらの動きを受けて、ゴールドマン・サックスのアナリストは、「イーサリアムのエコシステムはスマートコントラクトをサポートしており、プラットフォーム上で新たなアプリケーションを作成する方法を提供している」と指摘しています。

「ほとんどの分散型金融(DeFi)アプリケーションはイーサリアムネットワーク上で構築されており、NFTのほとんどはイーサを使って購入されている。ビットコインに対してイーサの取引数が多いのは、この優位性を反映したものだ」とも語っており、過去12カ月の間、イーサリアムの価格上昇率はビットコインの価格をはるかに上回り、先週の暴落を考慮に入れても、ビットコインの300%に対し、イーサリアムは約1000%の上昇となっているそうです。

この他にも、MyEtherWalletのCEOのKosala Hemachandraは、DeFiやNFT、分散型アプリケーションなどを例に出して、「イーサリアムはビットコインとは異なり、単なるバリュートークンではなく、ブロックチェーン上に構築されたすべてのユースケースを実際に促進していく」と指摘しています。

先ほど、この記事でもイーサリアムには底力があると書きましたが、すでに完成されたブロックチェーン状に展開するビットコインとは違い、イーサリアムはシステムそのものが今後も発展していく可能性があり、その発展に伴って、イーサリアム(ETH)の市場価値も上がっていくというのが、専門家の予測のようです。

まとめ

イーサリアムはそのプラットフォームにまだまだ拡大発展の可能性があることが大きな強みです。

今後、普及が進み、インフラ的な使われ方をするようにあれば、イーサリアム(ETH)の市場価値も上がり、安定したものになってくるでしょう。

仮想通貨市場全体が暴落して、イーサリアム(ETH)の価格も現在下落傾向です。今のうちに買っておくのも一つの手かもしれませんね。

\イーサリアムを購入するならコインチェックがおすすめ🔻/

コインチェック


\まずはデモ取引から挑戦!/

この記事を書いた人(管理人)

白川 雄太

こんにちは!白川です。

私は医療系のお仕事に従事する傍ら、副業でバイナリーオプションに挑戦中です。はじめこそは大赤字でしたが、現在では月に10~30万円ほどの安定した収入を上げ続けています。
億トレーダーとはいきませんが、それなりに稼げるメソッドは確立しているつもり(笑)なので、ぜひとも当サイトを使い倒しちゃってください!

バイナリーオプションの手法選びに困ったら・・・
当サイトイチオシの”勝てる”手法一覧
順張り・逆張り
RSI
両建て
移動平均線
5分取引
モンテカルロ法
EXT法
ノイズ
仲値ゴトー日
ゴールド取引
CCI
フィボナッチ
ストキャスティクス
MACD
バンドウォーク
ゴールデンクロス
ボリンジャーバンド
平均足
グッドマン法
パーレー法
白川術
仮想通貨
ダイバージェンス
押し目買い・戻り売り
ナンピン
スキャルピング
マーチンゲール
1分取引

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です