手法検証

ハイローオーストラリアとRSIの組み合わせが最強?検証してみた!

RSI
この記事の対象者:バイナリーオプション上級者

本記事は、バイナリーオプションの具体的な取引手法に関する解説記事となっており、バイナリーオプションの上級者向けです。
この他にも、バイナリーで使える全手法について以下のリンク先でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

>>バイナリーオプションの手法総まとめ!人気の鉄板手法はコレ

ハイローオーストラリアで人気の高いインジケーターの一つに『RSI』があります。

ただ、ハイローオーストラリア初心者の中には、RSIについて「聞いたことはあるけどよく分からない…」という人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、RSIの基礎知識や使い方まで徹底解説します。

白川
白川
使いこなせると非常に強力なのでしっかり押さえておきましょう!

RSIってなに?

RSI

RSIとは、相対的に見て「売られすぎているか・買われすぎているか」を判断するための指標です。

白川
白川
ちなみに、RSIは「Relative Strength Index(相対力指数)」の頭文字です!

RSIの基本的な見方は、次の通りです。

  • 70~80%以上で買われすぎ⇨「LOW」でエントリー
  • 20~30%以下で売られすぎ⇨「HIGH」でエントリー

さらに、RSIは相場が転換するポイントを見ることもでき、70%と30%のゲージに差し掛かると相場が転換する傾向があります。

このように、RSIではトレンドが進んでいる方向とトレンドが転換するタイミングが分かります。

RSIの表示方法と設定内容

RSI

ハイローオーストラリアのチャートにRSIを表示させることはできないので、MT4/MT5に設定することになります。

MT4にRSIを設定する流れは次の通りです。

MT4を起動し、画面上部にあるメニューの「挿入」をクリックします。

RSI

リストが表示されるので、「インジケーター」⇨「オシレーター」⇨「Relative Strength Index」の順にクリックします。

RSI

すると、RSIの設定画面が表示されるので数値を設定していきます。

RSI

ここで悩むのが期間ですよね。

RSIの期間は、「〇日間の上げ幅と比べて今の状況はどうなのか?」を出すことができます。

デフォルトの設定は作成された当時の市況を反映したものなので、現代の市況に対応していない可能性が高いです。

おすすめは14日~20日です。

白川
白川
この中で自分が取引しやすいポイントを見つけるといいでしょう!

ちなみに、期間を短くしすぎると「フェイク」と呼ばれる動きのない偽の指標が増え、期間を長くしすぎるとゲージの幅の中にずっと納まったままになります。

なお、MT4に関しては以下の記事で詳しく解説しているのでご参照ください。

ハイローMT4
ハイローオーストラリアにはMT4が必須?ダウンロードや活用法を解説ハイローオーストラリアで取引しているトレーダーのほとんどが使っていると言ってもいいのが『MT4』です。この記事では、ハイローオーストラリアトレードには必須のMT4のダウンロード方法やおすすめMT4をご紹介します。...

RSIだけで勝てるのか検証してみた

RSI

個人的には、RSIだけで取引することはおすすめしません

ただ、実際はRSIだけを使って取引している人も多いので、果たしてRSIだけでハイローオーストラリアを攻略できるか?検証していきたいと思います。

ハイローオーストラリアをRSIのみで攻略する際のポイント

先ほども書きましたが、RSIの数値とエントリー方法の関係は次の通りです。

  • 70~80%以上で買われすぎ⇨「LOW」でエントリー
  • 20~30%以下で売られすぎ⇨「HIGH」でエントリー

下図は、MT4のAUD/JPY(豪ドル/円)チャートで、ロウソク足は5分足を使っています。

RSI

RSIが30%以下まで下降した時にHIGHでエントリーしました。

RSI

※ハイローオーストラリアのチャートのほうはAUD/JPYの15分取引です。

白川
白川
ポイントは、しっかりとゲージが越えるまで待ってエントリーすることです!

これは、逆張りという取引方法になりますが、RSIの特徴を考えるとトレンドに沿ったエントリーを行う順張りも可能です。

どういうことかというと、70%のゲージから30%のゲージに向かう途中やその逆の場合は、同じ方向に相場が進む確率が高いので、その間に順張りすれば勝つことができます。

RSI

分析通りに相場が上昇して勝つことができました。

RSIと相性の良いテクニカル指標はコレだ!

RSI

RSIと相性のいい指標はいくつかありますが、ここでは「ボリンジャーバンド」と「移動平均線」を組み合わせた攻略法を紹介します。

ボリンジャーバンドや移動平均線がよく分からないという人は、まずはそれぞれの理解を深めましょう。

ハイローボリンジャーバンド
バイナリーオプションにおけるボリンジャーバンド活用術を解説 この記事の対象者:バイナリーオプション上級者 本記事は、バイナリーオプションの具体的な取引手法に関する解説記事となっており、バイナ...
ハイロー移動平均線
バイナリーオプションの移動平均線を使った手法を徹底解説バイナリーオプション取引を有利に進めるためには、インジケーターの存在は無視できません。この記事では、数あるインジケーターの中でも特に利用者の多い「移動平均線」を使った手法について徹底解説します。...

RSI+ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、価格が収まる確率を表した指標で、バンド付近に相場が近づくとトレンドが転換するという特徴があります。

下図はボリンジャーバンドとRSIを表示させたチャートです。

RSI
白川
白川
ボリンジャーバンドでもRSIでも反発のシグナルが出ていますね!

ボリンジャーバンドとRSIを併用することで相場の転換点をより正確に予測することができます。

なお、トレンドの転換が起こる可能性が高いのは次のような場合です。

  • 為替レートがボリンジャーバンドの-3σか-2σに触れている
  • RSIの角度が鋭い

このような場合は、順張りのエントリーは控えましょう。

RSI+移動平均線

移動平均線は、トレンドの転換点や発生点などを予測するのに使いますが、代表的なものに「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」があります。

ただ、移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスの欠点は反応が出るのが遅いという点です。

それをRSIでカバーするような使い方をすると結構な確率で勝つことができます。

具体的なエントリーのタイミングとしては次の通りです。

  • ゴールデンクロス発生時にRSIが50%以上なら上昇の力が強い
  • デッドクロス発生時にRSIが50%以下なら下降の力が強い

また、移動平均線とRSIを併用する場合は基本的にトレンドに沿った順張りになりますが、ダイバージェンスという現象を利用すれば逆張りでエントリーしても勝ちを狙えます。

ダイバージェンスとは…
トレンドとは反対の方向にRSIが動く現象のことです。
ダイバージェンスが起きると高い確率で相場が反転するという傾向があります。

この攻略法の注意点としては、ハイローオーストラリアの中でも短期取引ではあまりおすすめしないということです。

なぜなら、取引時間が短いとトレンドが転換する前に判定時刻が来てしまう確率が高いからです。

逆張りでエントリーするなら、中長期の取引で狙いましょう。

白川
白川
ハイローオーストラリアに関しては、1時間や1日の取引で試してみてください!

この他にも、MACDと組み合わせて使い、トレンドの転換点を予想する方法もあります。

順張りで勝負するにせよ逆張りで勝負するにせよ、RSIと他の指標を組み合わせて転換点をできるだけ正確に予測する必要があります。

バイナリーオプションMACD
バイナリーオプションでMACDを効果的に活用する3つの方法バイナリーオプションをやっている人の中には、MT4やMT5を使っている人も多いと思います。もし、MT4やMT5を使っているならぜひ使ってほしいのが『MACD(マックディー)』です。MACDを活用することで、今の相場の強さ(勢い)を知り、トレンドの継続を見分けられるようになります。そこで今回は、エントリーポイントを見極めるのに便利なMACDについて分かりやすく解説します。...

まとめ

RSIはハイローオーストラリア初心者でも視覚的に理解しやすいので、使いやすいと感じる人が多いと思います。

また、テクニカル指標の中でも精度が高いので、勝率も上げやすいです。

白川
白川
RSIだけで勝ちを取りに行くこともできるので、まずはデモ取引などでその精度を体感してみましょう!

\まずはデモ取引から挑戦!/

この記事を書いた人(管理人)

白川 雄太

こんにちは!白川です。

私は医療系のお仕事に従事する傍ら、副業でバイナリーオプションに挑戦中です。はじめこそは大赤字でしたが、現在では月に10~30万円ほどの安定した収入を上げ続けています。
億トレーダーとはいきませんが、それなりに稼げるメソッドは確立しているつもり(笑)なので、ぜひとも当サイトを使い倒しちゃってください!

バイナリーオプションの手法選びに困ったら・・・
当サイトイチオシの”勝てる”手法一覧
順張り・逆張り
RSI
両建て
移動平均線
5分取引
モンテカルロ法
EXT法
ノイズ
仲値ゴトー日
ゴールド取引
CCI
フィボナッチ
ストキャスティクス
MACD
バンドウォーク
ゴールデンクロス
ボリンジャーバンド
平均足
グッドマン法
パーレー法
白川術
仮想通貨
ダイバージェンス
押し目買い・戻り売り
ナンピン
スキャルピング
マーチンゲール
1分取引

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です